がん情報サービス がん拠点病院情報

院内がん登録

院内がん登録における生存状況確認調査(予後調査)について

 
院内がん登録における生存状況確認調査(予後調査)について

1.院内がん登録とは
  院内がん登録とは、病院で診断されたり、治療されたりしたすべての患者様のがんについての情報を、診療科を問わず病院全体で集め、その病院のがん診療がどのように行われているのかを明らかにする調査です。

2.当院における院内がん登録
  当院は地域がん診療連携拠点病院の指定を受けており、「がん登録等の推進に関する法律」および「院内がん登録の実施に係る指針」に基づき、院内がん登録を実施しています。そして院内がん登録の情報を国立がん研究センターに提供しています。

3.生存状況確認調査(予後調査について)
  院内がん登録では生存状況確認調査(予後調査)があり、当院はこの調査を国立がん研究センターに委託しています。この調査は、生存状況が不明な患者様について、当院が国立がん研究センターに患者様の情報(氏名、性別、生年月日、住所)を提供し、国立がん研究センターが各市町村に住民票の照会(住民票写しの交付依頼)を行うものです。

4.患者様の権利
  患者様は、生存状況確認調査(予後調査)に係る住民票照会について拒否する権利があります。その際は総務課まで申し出ください。患者様から申し出がない場合は同意したものとして取り扱いさせていただきます。


JA北海道厚生連
旭川厚生病院 病院長
 
 
 

このページの先頭へ

がん情報サービス がん拠点病院情報のTOPヘ