旭川厚生病院のがん診療、がん検診

がん相談窓口

旭川厚生病院のがん相談支援センター

  専任の看護職員が地域住民の皆さまの「がん」についてのご相談をお受けし  ております。対象は当院の患者さまやご家族に限りませんので、ご遠慮なくご相談ください。

 

相談内容

  診断や治療に関する医療相談、医療費、在宅療養に関する相談、がんに対する不安や悩み、がん治療やセカンドオピニオンがどの医療機関で受けられるかを知りたいなど、がんに関するさまざまな問題解決のお手伝いをさせていただきます。



対応時間と料金 
相談窓口

Smile 旭川厚生病院 がん相談支援センター




印刷用  

がん相談支援センター リーフレット(ダウンロード)

このページの先頭へ

納得した診断や治療を受けるための第一歩

主治医にこんな事聞いても、変に思われませんか? 

 患者さまご家族は必死で情報を探し求め、得た情報が自分(家族)にはどうなのかを確認したくてお電話をくださる方が多くいます。インターネット上にもがんについての情報はたくさんあり、一般の方にもわかりやすく、且つ詳しく解説してあるサイトもたくさんあるのですが、最終的には「自分(家族)はどうなのか?」という壁に当るのだと思います。

 がんの治療に関する部分は、まず、自分(家族)の病状を詳しく把握することが第一ですが、残念ながらインターネットや書物で調べても答えはありません。これまで診察を受け、検査を受け、診断を受けてきた主治医がいちばんよく知っているのです。

 相談のお電話で「主治医に聞いてましたか?」と尋ねてみると、「聞いていない」場合がほとんどです。「こんな質問をしてもいいのか…」と悩み、二の足を踏んでいる場合が多いように思います。この先、聞きたいことや確認したいことは益々増えていきます。今、がんばって質問できるかどうかが、あなた自身が診断や治療に納得できるかどうかの鍵になります。

「こんなことを質問しても変に思われないでしょうか?」

 あなたが質問したい内容は、あなたにとって重要な判断材料になる大事な内容です。変な質問は存在しませんので思い切って質問してみましょう。それでも、「なかなか質問しづらい…」方には、コツをお教えします。お気軽にお電話くださいね。


このページの先頭へ

納得した診断や治療を受けるための第二歩

セカンドオピニオンを受けたいと言い出せない。
主治医に失礼じゃないかと思って・・・

 調べて得た情報が自分(家族)に合っているのかのなどを主治医に相談出来るようになったあなたは、納得できる診断・治療の道を既に歩き出しています。主治医とよくコミュニケーションがとれ、信頼関係が出来ていればいるほど、セカンドオピニオンについても無理なく主治医に相談できるようになるでしょう。

  主治医と信頼関係が出来ていても、「別の医師の意見も聞いてみたい」と思うのは当然のことです。セカンドオピニオンは、今後患者さまやご家族が納得して治療に専念できるかの大事な手段なので、主治医もその申し出に嫌な印象は持たず、むしろ何処の医療機関の医師がいいかアドバイスしてくれるでしょう。あなたの主治医もまた、別な医療機関の患者さまのセカンドオピニオンを担当しているかもしれませんよ。



このページの先頭へ

旭川厚生病院のがん診療、がん検診のTOPヘ